オンラインカジノ ブラックジャック ルール

ブラックジャック

ブラックジャックはカジノで行われているカードゲームのバカラやポーカーと

同じくらい人気のゲームです。

ブラックジャックの原型は17世紀のフランスで生まれたという説が有ります。

「ヴァンテ・アン」もしくわ「21」と言います。

現在のブラックジャックとは多少ルールが違いますが非常に近いゲームです。

ブラックジャックは2人から8人位で遊びます。

カードはジョーカーを除く52枚を使用します。

1人のディーラーと1人または複数のプレイヤーが勝負し、カードの合計が

「21」か「21に近い方」の勝ちになります。また、「21」を超えると負けになります。

カードの点数

  2〜10      数字通り
  「J」「Q」「K」   10点
  「A」       「1点」か「11点」どちらでも可 

用語

  ヒット (Hit)  
     カードをもう1枚追加。

  スタンド (Stand)  
     カードを追加せず、その点数で勝負する。

  バスト(bust) 
     21を超えてしまい負けとなる。

  スプリット (Split)  
     最初に配られた2枚のカードの数字が同じ場合、
     最初の賭け金と同じ金額を出して2つに分割することができる。
     その場合カードを分割しているため、もう1枚づつカードを
     追加する必要がある。

  ダブルダウン (Double down)
   配られた2枚のカードを見てから賭け金を2倍にし、
     カードをもう1枚追加することが出来る。
     しかし、それ以上の追加は出来ない。

  サレンダー (Surrender)                 
     最初に配られた2枚のカードを見て、勝ち目が無いと判断した
     場合、賭け金の半分を渡してゲームを放棄することが出来る。

  インシュランス/インシュアランス (Insurance)
     ディーラーに配られた最初のカードが「A」の場合、賭け金の
     半額を出して保険をかける事が出来る。
     もし、ディーラーがブラックジャックであった場合は最初の賭け金は
     没収されるが、保険金の2倍が払い戻される。

ルール

  はじめにプレイヤーが賭け金を賭けます。

  全てのプレイヤーが賭けを終えた時点で、ディーラーが自分を含む

  全員にカードを2枚づつ配ります。ただし、その時ディーラーの1枚目の

  カードを表向きに置きます。2枚目は裏向きに置きます。 

  次にプレイヤーはヒットするか、スタンドするか決めます。(スプリットや

  ダブルダウン等の選択肢もあります。

  この時点でもし、ディーラーの点数が16点以下の場合、追加のカードを

  ヒットしなくてはなりません。

  ディーラーは17点以上になった時点で追加のカードをヒット出来なくなります。

  プレイヤーは21を超えない限り何度でもヒットすることが出来ます。
  
  ゲームは次の時点で終了になります。

  ディーラーまたはプレイヤーが「21」になった場合

  ディーラーがバストした場合

  プレイヤーがバストした場合(複数の場合は別)

  ディーラーと全てのプレイヤーがスタンドした場合

  プレイヤーがサレンダーした場合(複数の場合は別)です。


ブラックジャックの攻略法はこちら


               無料ゲームで腕試し
                ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


  
トップページへ戻る

オンラインカジノのゲームの種類関連コンテンツ

ルーレットゲーム
ルーレットはフランス語の「小さい輪(roulette)」という意味が語源とされて  ..... >> 続きを読む

バカラゲーム
バカラというゲームは非常に簡単なゲームです。 ゲームは自分がプレイをするのではなく、仮想の「バ ..... >> 続きを読む

オンラインカジノのゲームの種類
オンラインカジノのゲームの種類と言っても膨大な数のゲームが有ります。 世界には1800以上のオ ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ

CFDリスク